home > study-uk > qna

語学学校Q&A

どんなことを学ぶの?

読む」「書く」「聞く」「話す」をバランスよく学び、実践的な英語が習得できる「ジェネラル・イングリッシュ・コース」。また、更に今後のキャリアを考えた英語検定試験の準備コース「ケンブリッジ検定準備コース」や「IELTS準備コース」。大学入学を目指す予備コースの「大学ファウンデーション準備コース」。このようなスキルアップを目的としたコースが多いのも特徴です。

また、語学学校の魅力の一つとして、授業後や週末に催される各種アクティビティがあります。イギリス文化に触れながら、世界各国からの留学生と国際親睦を深めることで、短期・長期留学のどなたにもかけがえのない留学生活を満喫して頂くことができます。

滞在方法はどんな感じ?

ホームステイ、スチューデントハウスやプライベートホームなど様々な滞在方法があります。 ホームステイのメリットは、家庭に入って共に生活することでイギリスの文化・生活習慣を深く知ることができ、英語力の向上と異文化体験が同時にできることです。ホームステイでは家族の一員として接してくれるので、ホストファミリーは身近で頼れる存在です。

スチューデントハウスなどは、1軒の家を数人でシェアし共同生活するスタイルです。自分の部屋が一つあり、共同のキッチンで自炊することができます。他にバス・トイレ等も共同で使用します。様々な国からやってきた留学生と生活することで、新しい価値観や考え方を知ることが期待できます。スチューデントハウスの友人達と一緒に勉強したり休日を一緒に過ごしたり、自身の裁量で生活することができます。

留学前にどのくらいの英語が必要?

語学学校のコースは初級から上級まで幅広いクラスが用意され、留学生の英語レベルに応じて学ぶことが可能です。従って留学前の英語力をそれほど気にする必要はありません。しかしながら、英語を聞く・話すということが日本の英語教育で不足しているため、初めはクラスについていくことに幾分難しさを感じることもあるでしょう。しかし、間違うことを恐れず積極的にクラスに参加することで、次第に英語に慣れクラスについていけるようになります。

どれくらいで英語の力が伸びますか?

伸びるスピードに個人差はありますが、まず次第に耳が慣れてきます。そして相手が話ことが少しずつ理解できるようになってきます。そうすると自分の意思を伝えるspeaking力も次第に伸びてきます。一般的に言われることですが英語力の伸びには波があります。焦りやフラストレーションを感じる時期もありますが、これは誰もが通る道なので、落ち込まずに英語を楽しむ気持ちで毎日を積み重ねていけばまた英語力は伸びていきます。

海外は初めてなのですが、留学、ホームステイは大丈夫でしょうか?

語学学校には初級レベルのクラスがあるので、初めての方でも心配ありません。過去に海外で生活するのは初めてという方が3ヶ月間滞在されました。ホストファミリーが親切にわかりやすく話してくれたので、単語が出てこないときなどは身振りで伝えるなどしてコミュニケーションを楽しまれていました。

OIEでは、日本で出発前のご相談や各種手続きをサポートし、イギリス到着後も滞在中から帰国まで現地オフィスのサポートがあります。それゆえ安心して留学生活をお楽しみ頂けます。

また、日本のご家族からイギリスへ連絡が必要なときは、日本オフィスを通してイギリスへ連絡することもできますので、ご家族の方も言葉の心配なくイギリスと連絡を取ることができます。

年齢制限はありますか?

各学校が規定する年齢に達していれば入学できます。また語学学校に年齢の上限はありません。仕事を退職して英語力を磨くためにイギリスへ留学される方や、定年退職後にイギリスに渡り、新たに経験したことを通して新しい目標や生涯の趣味を見つけ、充実した余生を送られる方なども数多くいらっしゃいます。

留学費用の目安は?

期間やシーズン、学校によって異なります。1年間に約300万円程度を目安にお考えください。

日本人の少ない所はありますか?

全体的に日本人のいない所というのはあまりありませんが、4月~7月、9月~2月の期間は、日本人が比較的少ないと見られます。休暇(春、夏、冬休み)を利用して短期留学を希望される方が多いので、この時期を避けると日本人の少ない環境で留学できるでしょう。

クラスの日本人の参加率は?

1クラスの参加人数は6人~12人程です。日本人の参加人数はその中の1,2人程ですが、時期やクラスのレベルによって異なります。

治安は大丈夫?

イギリスは比較的安全な国であると言われています。しかしながら、自身の安全を守るには時間、場所、状況に応じて行動することが必要です。日本にいるときと同じ感覚でいると危ないということを認識しておく必要があります。